Company
会社概要

株式会社kabusiki
会社名 株式会社kabusiki
所在地 東京都三鷹市三鷹町三鷹地区1−1−1
電話 03-1234-1223
メール kuroikutu@gmail.com
代表者 田中一郎
事業内容 飲食店の経営

ABOUT
私たちについて

創業当初から変わらない味です

1954年の創業当時から変わらぬ味でお届けするこだわりの餃子は、餡も皮も全て手作りです。



ネット販売について

お家で気軽に楽しめるネット通販もおすすめ!



素材へのこだわり

創業当時から引継いできた変わらぬ味を大切に、
末永く愛していただける餃子を作り続けております。
粗めに挽いた豚バラに白菜、ニラ、ショウガを混ぜ、
具材がしっとりとなじむまでひと晩。
そして、手作りの皮で職人が一つ一つ丁寧に、真心込めて包みます。
表面をパリッと焼き上げたら、旨味がぎゅっと詰まった餃子の完成!
一度食べたらやみつきになる、もちもちで香ばしい、おけ似の餃子を是非ご堪能ください。



お持ち帰りについて

全品お持ち帰りができます。



How to use
餃子のおいしい焼き方

餃子のおいしい焼き方マニュアル

【コツ1】一度にたくさん焼かず、すき間を空けて並べる
一度にたくさん焼こうとするほど、フライパンの温度が下がりやすく、 焼けるまでの時間も長くなります。失敗しがちな人は、直径26cmのフライパンなら8~10個を目安に焼いてみて。 餃子はすき間を空けて並べること。ぎっしり並べると餃子がくっつき、皮が破れる原因になります。
焼けるまでの時間も長くなります。失敗しがちな人は、直径26cmのフライパンなら8~10個を目安に焼いてみて。
餃子はすき間を空けて並べること。ぎっしり並べると餃子がくっつき、皮が破れる原因になります。

【コツ2】餃子を並べたら軽くフライパンに押し付ける。油はひかなくてOK
フライパンに餃子を並べるときは、フライパンにキュッと押し付けます。餃子の底面を平らにすることで、 カリッとしたきれいな焼き目がつきやすなります。ちょっとしたことですが、やるとやらないでは仕上がりに大きな差が出ます。 テフロン加工のフライパンは焦げ付く心配がないので油は引かなくてOK。 最初は油なしで蒸し焼きにし、仕上げに油を加えて焼き目をつけます。
テフロン加工のフライパンは焦げ付く心配がないので油は引かなくてOK。
最初は油なしで蒸し焼きにし、仕上げに油を加えて焼き目をつけます。

【コツ3】水ではなく「湯」を加えて蒸し焼きに。湯の量は餃子のサイズで調整する
蒸し焼きにするために加える水分量は、焼く時の条件によって変わってきます。 その条件とは、主に2つ。餃子の大きさと具の量です。さらに、フライパンの大きさ、 一度に焼く個数、皮の厚さ、具の火の通りやすさなどによっても量が変わってきます。
「6~7cmの普通サイズの餃子の場合、高さが1~2mm浸るくらいの湯を入れます。
大きいサイズや皮が厚い餃子の場合は、餃子の高さの4分の1ほどが浸るくらいの湯を入れます。
また、加える水分は水ではなく『湯』がおすすめ。水だとフライパンの温度が下がるうえ、
沸くまでの間に餃子の皮が水分を吸って、べちゃっとしてしまいます」餃子はすき間を空けて並べること。
ぎっしり並べると餃子がくっつき、皮が破れる原因になります。

【コツ4】パチパチ音がしたら、ふたを外して水気をしっかり飛ばす
蒸し焼きを終了するタイミングは、早くても遅くてもダメ。 まわりに少し水泡が残るくらいになり、パチパチという音が聞こえてきたら、 ふたを外してOKです。ただし、餃子の皮が透明になっていなければ、湯を足して、もう少し蒸し焼きにします。
ふたを外したあとは、カリッとさせるために残っている水分をしっかり飛ばしましょう。

【コツ5】焼き目をつけるのは最後! 油をたらしてカリッと焼く
水分をしっかりと飛ばしてから、いよいよ焼き目をつけます。 油少々を餃子にかからないようにフライパンのふちからまわし入れ、 フライパンを軽くゆすって全体に行き渡らせます。カリッと焼き目をつけるための油なので、たっぷり入れる必要はありません。
1~2分焼いて、餃子の底面にカリッとした焼き色がついていたら完成です。
どのコツも今日からすぐにできることばかりなので、ぜひお試しください!

アニメーションのバリエーション

色々なアニメーションのバリエーション適用可能ます。

色々なアニメーションのバリエーション適用可能ます。


リストタグを追加することも可能です

<ul class="disc">
<li>リストタグ</li>
<li>リストタグ</li>
<li>リストタグ</li>
</ul>

↓出力例

  • リストタグ
  • リストタグ
  • リストタグ
  1. olタグはそのままででます。
  2. olタグはそのままででます。
  3. olタグはそのままででます。
  4. olタグはそのままででます。

その他について

スペース